大橋直久:自分を整える時間
大橋直久(セミナー講師)のブログ
2017-06-17 「披露宴のスピーチの心得まとめ」
(4)紋切型ではない、ユニークな話。

スピーチする人が皆、同じようにほめるだけの話では、退屈ですし、味わいがありません。

自分なりの話を工夫したいものです。

(5)ユーモアがあること。

機知に富んだ話で、宴を盛りあげるようなものにしましょう。

印象的で、かつ軽妙なスピーチを心掛けます。

(6)誠意をこめて話すこと。

どんなに短いスピーチでも、誠意のあるものは、聞く人の胸を打ちます。

(7)少し大きい声で、はっきりと、ゆっくりした調子で話します。

その場だけで忘れられてしまうような話ではなく、聞いた人が後で時時思い出して、「良い話だった」と思うような話であれば、最高です。

大橋直久(ヒーリング講師)