大橋直久:自分を整える%
大橋直久(セミナー講師)のブログ
2016-09-15 大橋直久「マリーゴールド その1」
別名:センジュギク、マンジュギク、クジャクソウ/キク科/一年草

初夏から秋遅くまで咲き続け、鉢植えや花壇の花材として最も重要な草花の一つです。

大輪で草丈の高いアフリカン種、小輪で中・屡性のフレンチ種のほかこれらの交配種など多くの品種があります。

花色は黄とオレンジが主ですが、縁や中心に赤の入るものや、白に近いクリーム色などもあります。

小鉢で1株植えるより、大鉢やプランターで群植したほうが見応えのある鉢植えになります。

日光を好み、直射日光の当たる時間が長いほどよく育ち、逆に日当たりが悪いと徒長し、花つきが悪くなります。

一日中は無理でも、半日は日の当たる場所に置いてください。

また、乾燥気味を好み、過湿は嫌います。

水やりは鉢土の表面が乾いてからたっぷりと与え、長雨にも当てないよう注意します。

草丈に対して花の大きいものが多く、花の咲き終えたものをそのままにしておくのは、見苦しいばかりでなく株も疲れてきます。

大橋直久(ヒーリング講師)