大橋直久:自分を整える%
大橋直久(セミナー講師)のブログ
2018-07-10 「仏前結婚式の順序 その2」
《数珠《念珠》授与》
仏前結婚式のメインの儀式。

新郎には白い数珠、新婦には赤い数珠が司婚者から渡される。

《司婚の辞》
司婚者が、新郎新婦に誓いを求め、新郎新婦は頭を下げて誓いの意思を示す。

《新郎、新婦の順で焼香》
新郎新婦は授与された数珠を左手にかけ、焼香する。

焼香は一回のみ、一礼ののち右手で香をつまんでそのまま香炉にくべて、合掌する。



大橋直久(ヒーリング講師)

くべる前に香を額にいただくことはしない。

参列者は全員起立し、2人が合掌するときは、ともに合掌し、そののち着席。

《式杯・誓杯》
神前結婚式の三三九度にあたる式杯(誓杯)が必ずあり、続いて、参列者一同の祝杯となる。

係の言葉に従って一同起立し、目の前の杯をとって乾杯。

酒の飲めない人もロだけはつける。

その後、一同が「おめでとうございます」と唱和することもある。

《司婚者法話》
司婚者が祝辞を述べ、ときには仏の道についての法話をすることもある。

《退堂》
一同起立して合掌ののち、司婚者がまず退堂、続いて、新郎新婦、媒酌人夫妻、参列者の順で退堂する。

参列者退堂は血縁の濃い順になる。


大橋直久(ヒーリング講師)
2018-07-10 15:46 Permalink
2018-06-10 大橋直久「仏前結婚式の流れ その1」
寺院の本堂や自宅の仏壇前などで行われる。

式次第は、宗派や寺院によって多少異なるが、細部については係員の説明に従えば心配はない。

媒酌人の務めは、入・退場時の介添えがおもで、あとは参列者と変わらない。

《入堂》
まず参列者が入堂し、着席したのち、新郎新婦が別々のロから入堂する。

媒酌人は新郎を介添えして右の入ロから入堂、媒酌人夫人は新婦を介添えして左の入ロから入堂し、正面で出会ったのち、仏前に進む。

新郎新婦が入堂してきたら、参列者は全員起立して迎える。

最後に司婚者(僧)が入堂、全員、合掌する。

《敬白文朗読》
司婚者は焼香ののち、先祖の霊に二人の結婚を報告し、感謝する敬白文を朗読する。

この間、全員起立したまま。



大橋直久(ヒーリング講師)
2018-06-10 15:38 Permalink
2018-05-03 大橋直久「結納の儀」
男性宅から女性宅へ、女性宅から再び男性宅へ、そして、再度女性宅を訪れる。

これでひと通りの結納の儀は終わります。

男性宅で祝い膳が出されている場合は、女性側では酒肴の用意だけでかまいません。

仲人の都合により酒肴の用意をしない場合には、「御酒肴料」を包みます。

仲人にお礼の挨拶をする昔ながらの一般的な結納の取り交わし方は、両家両親と本人、仲人夫妻が立ち会うものです。

新婦宅で行う場合、新郎宅で行う場合、仲人宅で行う場合などがあります。

仲人は、たいていは男性の会社の上司などにお願いすることが多いので、どうしても忙しい人にお願いすることになります。

そうした場合は先方の都合を伺って、時間のとれる日取りを決めていただくようにします。



大橋直久(ヒーリング講師)
2018-05-03 08:35 Permalink
2018-04-23 「結納 男性宅から再び女性宅へ」
父親
「ただいまお受けいたしましたご結納の受書でございます。

どうかよろしくお届けくださいますようお願い申し上げます。」

仲人は受書を改め、「たしかにお預かりいたしました。」といって納めます。

これから仲人は受書を持って、女性宅へ向かいます。

このとき玄関まで見送り、仲人へのお礼用として結納金の一~二割を「おうつり」として渡す場合があります。

また祝い膳をお出ししない場合には、「お車代」「御膳料」「御酒肴料」をお礼として出します。

再び女性宅へ
仲人は男性側からの受書を持って、再度女性宅を訪れます。

部屋に通し、部屋に全員がそろったら、仲人から口上を述べます。

仲人
「ただいま間違いなく、鈴木康夫様に結納の品々を納めてまいりました。

鈴木様より、受書をお預かりしてまいりましたので、お改めの上、お納めくださいますようお願い申し上げます。」

父親
「お役目ご苦労さまでございました。

受書たしかにちょうだいいたしました。

本日はお仲人様のお骨折りにより、縁談が整いまして、まことにありがとうございました。」

といって受書を受け取ります。



大橋直久(ヒーリング講師)
2018-04-23 06:50 Permalink
2018-04-13 大橋直久「結納 再び男性宅へ」
女性側から預かった結納品と受書を持って、もう一度男性宅を訪れます。

部屋に全員がそろったら、仲人から口上を述べます。

仲人
「ただいま間違いなく、岡田純子様に結納の品々を納めてまいりました。

岡田様より、受書とご結納をお預かりしてまいりましたので、お改めの上、幾久しくめでたくお納めくださいますようお願い申し上げます。」

父親
「お役目ご苦労さまでございました。

受書たしかにちょうだいいたしました。

本日はお仲人様のお骨折りにより、縁談が整いまして、まことにありがとうございました。

結構な結納の品々、ありがたく、幾久しくおめでたくお受けいたしました。」

結納品を組み立てて床の間に飾ります。

ここで祝い膳が出されます。

祝い膳の間に、結納品の受書を用意します。

この場合も女性側と同じく、女性側で用意したものに署名するだけの場合もあります。

両家であらかじめ打ち合わせておけば、スムーズに進行できるでしょう。



大橋直久(ヒーリング講師)
2018-04-13 08:10 Permalink